2017年12月24日日曜日

Disk関連のメモ




Windows 10での回復パーティションサイズの変更方法、回復ドライブと回復パーティションサイズの関係
http://solomon-review.net/windows10-recovery-partition-size/

diskpartを起動
適切なディスクとパーティションを選択する。
select disk 0
select partition 4

出力される「種類」と「属性」を回復パーティションに変更する。
detail partition
set id="de94bba4-06d1-4d40-a16a-bfd50179d6ac"
gpt attributes=0x8000000000000001



Windows 10 Creators UpdateにはブートセクタをMBRからGPTに変換するツールが搭載 ~現行マシンを再インストールせずにUEFIブートに
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1054773.html
mbr2gpt /convert /disk:0


データを残したままMBRからGPTに変換する http://tech.artin.nu/convert_mbr_to_gpt_without_data_loss.html
AOMEI Partition Assistant
EaseUS Partition Manager
※どちらかといえばAOMEIのほうがおすすめ。EaseUSのほうは適当にインストールするといろいろゴミを一緒に放り込んでくる。
これらのツールはサーバーOSでは使えない。


Disk2vhd
GPTパーティションのディスクでは使えないらしい。




Windows Server 2003をHyper-V仮想マシンにP2V変換するには
CitrixのXenServer 向けの P2V ツールである CitrixのXenConvertもVHDへの変換が可能


これぞ神コマンドreagentc回復パーティションを元にもどすdiskpartハードディスクのIDシリアル見る
http://pc81webinfo.blog.jp/archives/2287014.html
Diskpart はスクリプト化された操作を実行できます。Diskpart のスクリプトを開始するのには diskpart/s script.txtコマンドで


Windows 10 Fall Creators Updateで削除・非推奨となる機能 - 阿久津良和のWindows Weekly Report
https://news.mynavi.jp/article/20170731-windows10report/
「システムイメージバックアップ」機能も非推奨リストに加えられた。Microsoftはサードパーティーベンダーのアプリケーション利用を促している。


ディスク署名の変更を実行した後、Windows 7/2008 R2 が起動に失敗し、Windows ブートマネージャエラー 0xc000000e が発生する。 https://www.veritas.com/support/ja_JP/article.100036122
DISKPART -> SELECT DISK 0 -> UNIQUEID DISK ID=<ランダムなディスク署名> (1a2b3c4d など)

Hyper-Vでエラー
デバイス 'Synthetic Disk Drive' を追加できませんでした。
1つのIDEコントローラにマスター(場所0)とスレーブ(場所1)の2台しか接続できない

第 2 世代仮想マシンの概要
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dn282285%28v=ws.11%29.aspx?f=255&MSPPError=-2147217396

0 件のコメント:

コメントを投稿